既に動いてるdockerコンテナのボリュームを後から永続化する

とりあえず動かしてみるか~って動かしたコンテナをそのまま本利用に移したいときなど、ボリューム永続化を忘れていてあとから永続化したいということってありますよね。その手順をメモします。今回はZabbix Applianceコンテナのボリュームを永続化します。

“既に動いてるdockerコンテナのボリュームを後から永続化する” の続きを読む

ZabbixでpreforkなApacheをhttpsのmod_status経由で監視する

Zabbixで個別アプリケーションを監視しよう第3弾。ApacheはZabbixのビルトインのテンプレートに入ってますが、なんとシンプルチェックでHTTP、HTTPSそれぞれのサービスが稼働しているかどうかしか監視してくれない。なのでより細かく監視ができるテンプレートを導入します。んで導入にあたってHSTSなApacheを監視できなかったのでそれにも対応しました。

“ZabbixでpreforkなApacheをhttpsのmod_status経由で監視する” の続きを読む

Ansible+dockerでZabbix applianceを立ててエージェント監視を行う

OSSの監視サーバソフトウェアとして有名なZabbixは、通常Maria DBなどのデータベースサーバ、httpdなどのWebサーバ、Zabbixアプリケーションサーバを立て、phpをインストールして、などと複数のコンポーネントを組み合わせて構築する必要がありますが、公式がZabbix applianceなる全部入りのOSイメージを展開しています。さらに、OSイメージだけではなくdockerイメージとしても配布されているため、今回はdockerを作ってZabbixを構築し、エージェント監視を行うまでをAnsibleでやりました。ZabbixサーバのコンテナをインストールしたdockerホストにインストールしたエージェントとZabbixサーバの疎通に若干手間取ったので、それもメモします。

“Ansible+dockerでZabbix applianceを立ててエージェント監視を行う” の続きを読む